(2017年12月号)
(back numberで表示されている2014年3月号までの税込金額は、消費税率5%で計算されています。) 
詳細は各店へお問い合わせください。


マンガ 自営業の老後
上田 惣子 著
●文響社 ●216P ●ISBN 9784905073901 ●本体1,180円+税
 老後は備えあれば憂いなし
 サラリーマンの老後の生活・定年後の生活についてアドバイスをする本はたく
さん刊行されています。しかし、自営業の方の老後のみをテーマに書かれた本
はなかなかありません。気軽なコミックエッセイではありますが、目の付け所が
秀逸。さすがは今勢いのある文響社です。
 マンガ風とはいえ、内容はしっかりしています。保険の話、年金の話、税金の
話、住宅ローンの話、仕事に対する価値観の話まで役に立つことが盛りだくさ
ん。全て自営業者の方に向けての話です。
 自身が自営業者の方、家族に自営業者の方がいらっしゃる方。とてもおすす
めの一冊。共感できること間違いなしです。忙しくて読書に時間が取れない方
でも、一日一時間で三日もあれば、読める本です。そして、次の休みの日から
ぼちぼち実行に移そうと思えるアドバイスがぎっしり詰まっています。
 (魚津店 Y)



風の中のマリア
百田 尚樹 著
●講談社 ●313P ●ISBN 9784062769211 ●本体560円+税
 巻末解説は養老孟司
 「永遠の0」で有名な百田尚樹の著書の一つに『風の中のマリア』がある。タ
イトルをなんとなく耳にした事がある方もおられるのではないだろうか。
 この作品で描かれているのは、人間ではなく余命わずか三十日のオオスズ
メバチ達。隆盛を極めた帝国に生まれた戦士、マリアが働き蜂として強く激しく
命を燃やしながら戦う姿が美しい。オオスズメバチとしての使命を理解し、「偉
大なる母」(女王蜂)のために立ち振る舞うマリアと仲間たちを見ると、この作
品を「ちょっとした蜂の小説」と片付けるにはあまりにももったいないと思う。
 冒険小説でありながら、蜂の生態や生物学についても詳しく描かれており、
知識欲が満たされること間違いなしの一冊。 (ファボーレ店 Y)



タロットの秘密
鏡 リュウジ 著
●講談社 ●349P ●ISBN 9784062884242 ●本体860円+税
 お得なタロット入門書
 現在、占いの一大ジャンルとして人気を誇っているタロットカードですが、その
起源は意外と新しく、成立したのは14〜15世紀といわれています。はじめは、
カードゲームとして使われていたものが、占いとして世界的に広まりました。
 本書は、西洋占星術で有名な鏡リュウジさんによる、タロットの歴史、解釈の
解説書です。神秘、オカルト的な話もおもしろいですが、歴史解説も、史料や参
考文献などに当たり、最新の研究成果も盛り込まれていて、読み応えのある内
容になっています。
 その他、78枚のカード解釈や絵札の図像学など、内容は丁寧でわかりやすく
充実しています。価格が千円以内であることを考えると、結構おトクなのではな
いかと思いますが、いかがでしょうか・・・? (小松大領店 T)