(2017年8月号)
(back numberで表示されている2014年3月号までの税込金額は、消費税率5%で計算されています。) 
詳細は各店へお問い合わせください。


字が汚い!
新保 信長 著
●文藝春秋 ●220P ●ISBN 9784163906317 ●本体1,300円+税
 字がキレイになりますように
 綺麗な字が書けたら人生楽しいのだろうな、と思うことはよくあります。子供
の頃から美文字とはほど遠く、大人になれば字が綺麗になるのかな、と思っ
ていましたが、そんなことはありませんでした。重要な書類、気持ちを込めた
い手紙には、「手書き」というスタイルが求められます。その際に頑張って書
いた自分の字に、「う〜ん」と思うことがあります。そういえばこの間の富山市
議選挙の投票の時もそうだったかな。さすがに、利き腕の反対で書いたので
は?という程の醜い字でもないのですが。
 自分の字に悩むコラムニストが、どうすれば納得のいく字が書けるのか試
行錯誤する様は、共感できる人が多いのではないでしょうか。美文字までは
無理でも、せめて読みやすく、読んだ人が不快にならない字になる為に・・・。
ペン習字の本を試し、美文字教室に通い、字の綺麗な人から上手に書くコツ
を聞き出したり、逆に字の汚い人はなぜ、いつから字が汚いのか、どう思って
いるのかをインタビューしてみたり。そこまでやるかというコラムニスト魂を感
じる努力が続きます。
 しかし、劇的に字がうまくなるはずもなく、結局自分の字と付き合っていくし
かないわけです。上手な人は子供の頃から上手。あまり悩んでもしょうがない
のではないでしょうか。ただ、気持ちを込めて、丁寧にゆっくり書くこと、自分
の書きたい字のイメージを確立することが大事なようで、それは実践していか
ねばと思います。 (魚津店 Y)



かわいいひと 1
斎藤 けん 著
●白泉社 ●190P ●ISBN 9784592195863 ●本体429円+税
 いろんな「かわいい」あります。
 少女コミックを選ぶにあたって大事なポイントの一つに「ギャップ」がある。所
謂、ギャップ萌えがあるかどうか。不良なのに実は優しいなどが定番。斎藤け
んの『かわいいひと』には良い意味で新しいギャップ萌えがある。
 斎藤けんのコミックを読んだのはもう10年前で『花の名前』が最初だった。ど
こか陰のある話を書くのが上手な作家さんだなという印象が強い。だが、現在
連載中の『かわいいひと』は胸キュンストーリーだ。
 死神顔の花屋の花園くんは美少女日和に告白されて付き合うことになる。花
園くんは死神顔のせいでいろんな人に怖がられるが、とってもピュアな人なの
だ。花園くんの純粋な行動に、現実にはこうは育たないぞと思う反面、ふんわり
優しい気持ちになれる、まさに王道少女コミックである。
 個人的には、日和のイケメンシスコンお兄さんとの今後の関係が気になりま
した。二人の初々しいところも良いけれど、イケメンなのにシスコンって何か間
違いないですよね! (黒部店 Y) 



空色勾玉
荻原 規子 著
●徳間書店 ●541P ●ISBN 9784198931667 ●本体686円+税
 古代日本を旅する
 ファンタジー小説を好きになったきっかけと言っていい一冊。小学生のころ夢
中になった荻原規子著勾玉シリーズ第一作『空色勾玉』は古事記をモチーフ
に描かれた古代ファンタジーです。日本の神話が元ということで難解な言葉も
出てきますが、やんごとない神様から脇役まで、とにかく登場人物が魅力的!
登場人物に引っ張られシリーズすべて一気に読んだこともいい思い出です。
古事記エピソードが多数登場するので日本神話の絵本などと一緒に読むと更
に楽しめます。
 続く『白鳥異伝』『薄紅天女』ではヤマトタケル伝説、更級日記・アテルイ伝説
をそれぞれモチーフに描かれています。同じく徳間書店よりコンパクトな文庫
版が出版されています。ぜひご一緒にどうぞ。
 「勾玉三部作」で古代日本を旅してみてはいかがでしょうか。
 (掛尾本店 S) 



あと少し、もう少し
妹尾 まいこ 著
●新潮社 ●361P ●ISBN 9784101297736 ●本体590円+税
 もう少し走っていたい
 走っているときは一人だけれど、襷を渡すとき、確かに仲間の存在を感じる。
そこが駅伝の魅力の一つだと思う。本書はそんな駅伝の選手たちを一区の走
者から順番に襷を繋ぐようにして描いている。選手といっても、田舎の中学が
舞台なので、陸上部だけでは人数が足りない。しかも顧問はベテランの体育
教師から素人の美術史教師に変わってしまうなど駅伝の練習が始まる前から
問題発生。
 でも、勝ちたい。寄せ集めの集団が駅伝の練習を通して仲間になっていく。
誰かの走りの中に、他の誰かの走りが見える。この仲間ともう少し走っていた
い。駅伝を通して多感な青春を描いたさわやかな一作です。
 (ファボーレ店 O)